ホーム > 製品情報 > ホットチャンバーダイカストマシン

ホットチャンバーダイカストマシン

ホットチャンバーダイカストマシン
ホットチャンバーダイカストマシン

ホットチャンバーダイカストマシン
  • Simhope は独自のホットチャンバーダイカストマシンを開発し、台湾のプロフェッショナルな製造会社となりました。
  •  この分野で 20 年以上の実績があります: 25 ~ 350 トンの型締力。 ユーザーインターフェイスは習得しやすく、すばやく簡単に問題を解決できます。
  • 安定した型締力、射出圧力、優れた反応速度。
  • 安全性、精度、信頼性、耐性などの特徴を備えています。
  • あらゆる種類の亜鉛製品、特に高精度の表面加工製品に適しています。
  • ホットチャンバー亜鉛ダイカストマシンの詳細については、当社までお問い合わせください。
特徴
    • 安全性が最優先

鋳造工程では、型締め部に金型を設置します。金型は、油圧シリンダーによる高圧力で型締めされます。溶鉱炉が金属を熱し、金属の温度を摂氏 410 ~ 430 度にします。溶解された金属は金型にすばやく射出されます。金型の中で、製品が冷却部によって冷却されます。したがって、高圧力の型締め部、効率の高い溶鉱炉、高速な射出部がダイカストマシンでは不可欠です。危険を回避するため、最も安全なマシンを設計しています。

    • マシン全体を覆うガードにより、オペレーターの安全を確保します。
    • 電気制御センサーと油圧制御スイッチの二重保護構造になっています。ホットチャンバーダイカストマシンの場合、ショットスリーブとプランジャーの間の射出ドライブ領域に金属くずがあると機械の異常が発生することがあるため、金属くずは避ける必要があります。SIMHOPE のダイカストマシンでは、型締め部に 2 つのセンサーが備えられています。溶解された金属は、金型に射出され、金型はクランプによる圧力で締め付けられ、ノズルによる圧力に耐えます。
    • アキュムレータ―には安全な圧力解放バルブがあり、急激な圧力低下を防ぎます。アキュムレータ―は射出動作の圧力を提供する高圧力のタンクです。もちろん、使用においてはリスクが伴います。当社のマシンには解放制御バルブが備えられており、モーターが圧力を失ったとしても、マシンは無圧状態で安全を保ちます。
    • 金型を閉じているときは、金型を保護するために低圧力になります。鋳造工程では、製品が押し出される前、または金属の塊が取り除かれる前に型締めが作動する可能性があるため、高圧力で型締めすると型が壊れてしまいます。SIMHOPE の低圧力の保護機能は、異物による損傷から金型を守ります。
    • 溶鉱炉の上にはリサイクルスタンドがあります。安全で清潔にリサイクルできます。

    • 機械加工と検査の精度

 浴室付属品や鍵の部品などの鋳造製品では、直径や精度などの表面要件が非常に重要です。特に、3C 電子部品の許容誤差は非常に小さくなっています。精度の要件を満たすために、当社では CNC マシン、3 次元検査設備、および機械加工と計測のための機器を所有しています。たとえば、取付板の平行度の要件は 0.04mm ですが、もちろん対応可能です。機械加工機器と検査機器で、設計の厳格な要件に製品を適合させることができます。 さらに、電気めっきする必要がある製品は、表面にふくれが発生してはなりません。グースネックの流れがスムーズでないと、乱流や泡が発生してしまいます。SIMHOPE のダイカストマシンの射出部は、20 ミリ秒未満で完全に充填でき、特許取得済みの独自の設計によるグースネックでは、高速の射出においても乱流や泡が発生しません。

グースネック: 独自の設計で乱流や泡が発生しない

    • 射出の信頼性と安定性

 製造では、精度の要件に厳密に従うことが非常に重要です。欠陥製品は、そのままコストの無駄につながります。当社は、製造におけるお客様の要件が非常に重要であることがわかっているため、マシンの信頼性に細心の注意を払っています。マシンのパフォーマンスを実証するために、高度なデジタル機器を使用しています。 製品の表面をなめらかにするために、高速で射出・充填する必要があります。射出の速度がわずかに遅くなったり、少しでも変わったりすると、製品は欠陥品になります。SIMHOPE ダイカストマシンの高速射出の利点は、射出カーブ検査で明らかになります。マシンの射出カーブは、加速工程で揺れません。

    • 型締力検査: 型締力の最大値と型締め部の安定性を計測します。
    • 射出カーブ検査: 射出速度と圧力を計測します。毎回の再現性を把握できます。

Injection curve test

    • 簡単な操作、耐性のある構造

ダイカストマシンの設計において安全性と機能性のほかに重要になるのは、操作しやすいシンプルなインターフェイスとマシンの耐性です。

    • 電装箱は、マシンとは別になっています。電気制御コンポーネントの寿命が延びます。
    • ショットノズルは油圧部で調節可能で便利に使うことができます。
    • 当社のマシンには自動潤滑油注入部とその検査が用意されているため、型締め部の寿命が延びます。
    • 自動警告機能があるため、オペレーターは適宜、マシンの状況を知ることができます。
    • シンプルでモジュール化された設計により、メンテナンスが簡単で、解体や修理がしやすくなっています。
    • 電気制御部には、三菱やオムロンなどの有名なブランドコンポーネントを使用しています。油圧部には、日本製の油研工業のコンポーネントを使用しています。機能は安定しており、長く使用できます。
    • アキュムレータ―は圧力の源です。ドイツ製の HYDAC アキュムレータ―が SIMHOPE ダイカストマシンに組み込まれており、射出部において非常に優れたパフォーマンスを発揮します。